真っ赤な南天の実

あちらこちらで見かける南天の実。

今年もあとわずか・・と気づかされます。

 

南天はお正月にもよく使われる縁起のよい木です。

「難転」~難を転じて福となす。というところから、

そのように言われているようです。

 

そして、

白い花をつけたあと、赤い実がなる様子から

花言葉は、

私の愛は増すばかり

 

なにか内に秘めた情熱を感じます・・・

 

 

 

そしてまた、

そういえば、のどあめにあったような。

この実を煎じて飲むと「咳止め」の効果があるとのこと。

あののど飴は、確かに効果があった記憶があります。

 

 

 

いいこと尽くめの「南天」だったのですね。

 

 

当店にも、縁起物の「南天」の絵柄がございます。